赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。

赤ちゃんの肌トラブルの一つとして多い汗疹(あせも)の季節でもありますね。

お母さんも汗疹(あせも)や肌トラブルの対策は色々していると思いますが、気がつくと首の後ろや頭皮に汗疹(あせも)と思われる赤いブツブツ水泡が出来ていることが・・・

赤ちゃんに多い首の後ろ頭皮の皮膚トラブル。

どうしてその部分に起きるのでしょう?
akachan_asemo

赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹(あせも)や水泡がでる原因は?

汗疹(あせも)とは、汗のたまりやすい場所に出来る赤や白のブツブツとかゆみを伴う症状です。

これは、大量にかいた汗が、皮膚の中に溜まってしまう事で起こります。

とくに頭、首まわり、膝や肘の裏側、脇の下、股などの汗が溜まりやすく、こすれやすい部分で起きることが多いです。

とくに赤ちゃんの場合は、小さな身体の中に大人と同じ数の汗腺があるので、代謝が活発な上に汗を大量にかくために汗疹(あせも)などのトラブルが起きやすいです。

簡単に言えば、赤ちゃんは汗腺が大人よりも密集しているわけです。

とくに頭や首回り汗をかく上に、髪の毛で蒸れたり、枕や服の摩擦で刺激を受けたりしやすいので、とくに汗疹や水泡などの肌トラブルが出来やすくなってしまいます。

赤ちゃんの汗疹(あせも)や水泡に効く薬は?

汗疹(あせも)や水泡のお薬は症状によって変わってきます。

小さな水泡状の白いブツブツ(水晶様汗疹)の場合は、角質内に汗が溜まった状態なので、清潔にしていれば自然治癒するものがほとんど。

ところが、赤いブツブツ(紅色汗疹)はかゆみが強いため、赤ちゃんの場合は、引っ掻いてしまってさらに悪化することがあります早めにお薬で治療するのが良いです。

汗疹(あせも)の治療には、抗ヒスタミン剤の内服薬やステロイド剤の塗り薬などが処方されることが多いです。

赤ちゃんに市販のステロイド配合薬を使用する場合は、ステロイド剤の選択が重要になってきます。

「ステロイドは副作用が怖い…」なんて話を耳にしたこと、ありますよね?

そうなんです!ステロイド剤はとても効果が高い薬ですが、副作用や使用上の注意点が多いので、必ず薬剤師さんと相談して選びましょう。

ステロイド剤の副作用が心配な方は、医師に処方してもらうか、ステロイドの配合されていない市販薬を選ぶと良いと思います。(私もできれば、こっちで治したほうがいいのでは?と思う派です)

市販薬を使う場合は、しばらく使って様子をみることも大切です。

症状の改善がみられない場合は、ほかの病気の可能性もあるので、早めに医師の診察を受けましょう。

正しいケア方法は?

お肌の清潔を保つ

赤ちゃんの場合はかゆみを我慢できずに、どうしても掻きむしってしいます。

そうなると、なかなか治らない上に「とびひ」になってしまうことがあります。爪をこまめに切ってあげることや、手指を清潔にしてあげることも大切です。

また、こまめにシャワーや水浴びをして汗を流してあげると良いですが、その際は熱いお湯よりも温め〜冷たい温度のシャワーをかけてあげると汗が引いて、かゆみも和らぎます。

067075

汗のかき過ぎを防ぐ

夏の肌トラブルは汗をかきすぎることから起こることが多いので、室内であればエアコンや扇風機を上手に使って発汗を抑えてあげることも良いと思います。

ただ、赤ちゃんは汗をかくことによって体温調節を覚えていくので、汗疹(あせも)を恐れてエアコンばかりでも良くありません。

汗をかきやすい寝入りばななどに使ってあげると良いと思います。

また、外出時は赤ちゃんに帽子をかぶせることが多いと思いますが、どうしても頭と首回りに汗をかいてトラブルを起しやすくなりがちです。

時々、帽子を取って汗を拭いてあげたり、保冷剤をタオルでくるんだもので、首回りを冷やしてあげると汗が引いてくれて、赤ちゃん自身も気持ちが良いと思います。
060893

ベビーパウダーは予防として

一昔前までは、あせもに「ベビーパウダー」を使う人が多かったと思いますが、実はあせもになった後にはベビーパウダーは逆効果です。

汗を吸い取って固まってしまうと、汗の穴を塞いでしまうことがあるそうです。

あせもになる前の予防として効果があるものなので、肌トラブルのあるときは使わない方が良いそうです。
033147

最後に

いかがでしたでしょうか?

暑く汗をかく季節になると、多くの人が苦しめられるあせも。

一番の対策としては、さっきも触れましたが、肌を清潔な状態に保つことです。

こまめにシャワーを浴びて汗を洗い流したり、汗ふきシートやタオルなどで汗をしっかり拭き取ってあげましょう。

一回あせもになってしまうと「痒くて痒くてたまらない」っと、我慢できないほどの痒みに苦しめられることになってしまいます。

あせもに似た症状カビが原因の「カンジダ」二次感染によって広がってしまう「とびひ」などがあるので、なかなか治らない場合は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

 

公開日: : 最終更新日:2016/04/04 育児

関連記事

赤ちゃんや子供の日焼けは皮膚がんの確率やリスクを高める

赤ちゃんや子供の日焼け、そのまま放っておいてはいませんか? 「子供の日焼けは、元気な証拠♪」な

記事を読む

赤ちゃんの歯ぎしりは受け口や歯の欠ける原因に!?それはストレスのせい?

歯が生え始めた可愛い我が子。 ところが、ある日小さな歯でギリギリギリ・・・と、 歯ぎしりをし

記事を読む

赤ちゃんの歯並びが悪い原因は遺伝とおしゃぶりにある?良くする方法紹介

小さな歯が生え始めたお子さんの笑顔はとても可愛いものですが、 いざ、歯が生えてくると虫歯や歯並びの

記事を読む

子どものそばかすの原因は遺伝!消える治療法はある?

ある日、我が子の顔に見つけたそばかす。 小説やアニメに出てくる主人公にもそばかすの女の子がいた

記事を読む

子供の微熱があり、嘔吐するくらい長引く咳が止まらいときは何科に掛かれば?

嘔吐する程のひどい咳! そんな時、子供が可愛そうでたまらなくなってしまいますよね。 そして、

記事を読む

冷房病(クーラー病)の症状で頭痛と吐き気がある赤ちゃんの治療方法

これから、暑い夏の季節。 エアコンを使用する機会がとても増えてきますね。 赤ちゃんの熱中症の

記事を読む

赤ちゃんの歯固めいつからいつまで?するめや野菜を使った方法を紹介

かわいいかわいい、赤ちゃん。 つい最近まで、おっぱいだけを飲んでいた赤ちゃんも、 あっという

記事を読む

赤ちゃんの耳垂れが臭い原因と治らないときの市販治療薬

大切な赤ちゃんの育児、愛おしいけれど、毎日の育児は大変ですよね・・・。 ですが、忙しい中でも、

記事を読む

東武動物公園プールの混雑と料金割引券の入手法!営業時間や駐車場情報も

いよいよ夏本番が近付いてきましたね。 全国各地の海やプールが盛り上が

赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 赤ちゃんの肌トラブルの

汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」 汗を

鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞

東京湾花火大会2014!花火が綺麗に見えるレストランや屋形船を予約

夜空を彩る夏の風物詩といえば・・・花火! 美しい花火を眺めながらゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/users/0/lomo.jp-ryon/web/wp-content/themes/stinger3ver20131217/sns02.php on line 2