日射病と熱中症の症状の違いは?頭痛と汗が大量の時の処置や治療と対策

暑い夏、日焼けや汗が気になる方は多いと思います。

UVケアや臭い対策などをされている方も多くいらっしゃると思いますが・・・
それ以上に気を付けたいことがひとつ。

それは、日射病と熱中症!
最悪の場合、命の危険にかかわることもありうる恐ろしいものです。

今回はこの2つについて、
詳しい違いや「もしも」の場合に備えた対策などをご紹介したいと思います。

sun

日射病と熱中症の違い

そもそも、日射病と熱中症の違いは何なのでしょうか?
言葉の違いを見ていきましょう。

日射病」というのは、簡単に言うと
身体の中の水分が不足することで、めまいや吐き気を催す症状のこと。

別名では「熱失神」と呼びます。

私たちの身体は、運動や仕事をした時に熱が汗となって外へ出ていきますよね。
特に暑い夏、炎天下で汗が外へ出た時に身体の水分が不足しがちです。

そのまま放っておくと脱水症状を引き起こし、
血液循環がうまくいかずそこからめまい・吐き気などを発症。

最悪の場合、意識不明にまで陥り死に至る・・・というものです。

そして「熱中症」というのは、「日射病」の他、
「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の計4つの言葉の総称なのです。

それぞれの症状について、こまかく見てみましょう。

日射病

めまい、吐き気、頭痛、失神など。熱は平熱であることが多いです。
高温な環境や直射日光にあたることで血管がひろがり、血圧が下がることで起きます。

熱けいれん

足やお腹まわりの筋肉がけいれんを起こすもの。
痛みがあります。

暑い中での作業や運動中、または作業が終わった頃・睡眠中などにも起こります。
血液の中の塩分が、汗などで出て行ってしまい少なくなることで発生します。

熱疲労

熱射病の一歩手前の段階です。
主な症状は、大量の汗・青白い皮膚・めまい・頭痛・吐き気・だるさなど。
熱は人によって、平熱の方もいれば高熱を発する方もいます。

水分不足や塩分不足など、いわゆる「脱水症状」によって起こります。

熱射病

熱疲労とは大きく異なり、
汗をかいていない状態・皮膚が熱っぽく赤い・高熱が主な特徴です。

めまい・頭痛・吐き気の他、意識の混濁・全身のけいれんなどを伴うこともあります。

脱水症状により、体温を調節する機能に異常が出ることで起こります。
この場合早急に救急車を手配し、病院での手当てが必要となります。

どの病気も非常に恐ろしいものです。
適切な処置・対策を行えば回復・改善は可能なので、しっかりと見ていきましょう。

とりあえずの処置

まずは涼しい場所(日陰など、日光のあたらない場所)に移動し、横になります。
この時に足を高くしておくと、心臓に血液がめぐりやすくなります。

また、身体をしめつけているものがあれば
緩めるか衣服を脱がせると良いでしょう。

落ち着いたら、食塩水(水1Lにつき、食塩1~2gほどが目安)や、
スポーツドリンクを飲み、水分と塩分を補給して様子を見ましょう。

身体が熱をもっているときは氷のう、濡れたタオル、扇風機、うちわなどで
しっかりと冷やします。

首のまわり、脇の下、足の付け根部分は大きな動脈が通っているので、
そのあたりを冷やすのがベストです。

逆に体温が下がっている可能性がある(唇の色が青紫、身体が震えているなど)時は、
冷やさずに毛布などで身体をくるみます。

意識の状態が悪い場合は、救急車の手配を行い、
待っている間は身体を横向きにして寝かせ、安静にしておきます。

これは、嘔吐により吐いたものが喉に詰まる可能性があるためです。
無事体調が回復した場合でも、念のため病院で見てもらうことをおすすめします。

治療法

「身体を休める」「冷やす」「水分をとる」ことが何よりの基本です。

口から水分を取ることが難しい状態(意識がないなど)の場合は病院にて点滴が必要となります。
他にもアルコールで身体を拭いて熱を逃がすなども効果があるようです。

また、他の病気(臓器の機能不全など)が発生しないよう
検査・治療が必要な場合も出てきます。

「もう治ったから」と思っても1度は必ず病院で見てもらいましょう。

ならない為の対策

こまめに水分を取ることが第一の基本です。

ただ、水だけでは塩分が出て行ってしまうので、
スポーツドリンクや塩飴などで塩分も同時に取ると良いでしょう。

また、衣服はできるだけ白系などの日光を吸収しにくいものにしましょう。

屋外では帽子をかぶる、日傘をさすなどもいいですね。
室内では扇風機やエアコンを活用する、窓を開けて通気性をよくするなどして熱をうまく逃がしましょう。

じゃがいも、ひじき、インゲン豆などは
ミネラルを多く含んでいるので、暑い夏におすすめです!

水分だけでなく食事でもしっかり対策していきたいところですね。
レシピも色々と紹介されているので、参考にどうぞ。

lement-b1

公開日: : 健康

関連記事

kayumi02

腕の内側がかゆみと腫れでブツブツ赤みがある原因はダニ?

ある日から突然、腕の内側に痒くて赤みのあるブツブツ(腫れ)が・・・一体これは何が原因なの?皮膚のやわ

記事を読む

プール熱

プール熱と結膜炎は潜伏期間に大人にもうつる感染力なので完治まで要注意

これからの時期、とても猛威を振るう“プール熱”と“結膜炎”。 「かかった経験もないから大丈夫!

記事を読む

wallpape-flower-11

手足にかゆい赤いぶつぶつ(湿疹)が出る原因は乾燥ではない!

突然、手足に痒みをともなった赤いぶつぶつ(湿疹)が出た経験がありませんか?私も手の湿疹を放置していた

記事を読む

常に眠い

常に眠い常にだるいは病気のサイン?病院に行くなら精神科へ!

あなたは最近、「常に眠気があったり、ダルさがあったりで、どうしたらいいのかわからない」と悩んでいませ

記事を読む

headache

後頭部の右側がズキズキ、ツーンとする頭痛の症状から考えられる病気

現代の日本では、頭痛に悩む人は3人に1人という割合になっています。 あなたもつらい頭痛の症状に

記事を読む

asi

足痩せ方法!筋肉質な太ももやふくらはぎの人でも短期間でスッキリ!

スラリと伸びた脚はすべての女性の憧れです。 脚を細くするためにラップを巻いてみたり、 ウォー

記事を読む

kawamukeru

手足の指の皮がむける、めくれる原因と病気!むく癖を治す方法

あなたはなぜか「手足の指の皮がむける・めくれる」 といった症状に悩まされてはいませんか? も

記事を読む

illust3454

冷房病(クーラー病)で頭痛の症状がある時の対策と治療法

暑~い夏、部屋にいても窓から日差しがじりじり・・・。 扇風機をつけても蒸し暑い時って、よくあります

記事を読む

017813

寒暖差アレルギーで鼻水や喉の違和感、喘息の様な咳の症状に効く薬

“寒暖差アレルギー”この言葉を知っている方はどれ位いらっしゃるでしょうか? 案外、身近に潜んで

記事を読む

hukurahagi

足痩せ方法!短期間で太ももやふくらはぎのセルライトを撃退!

いよいよ春到来ですね!おしゃれがますます楽しくなってくるこの季節。 しかしここで一つ、女性にと

記事を読む

water-texture11
東武動物公園プールの混雑と料金割引券の入手法!営業時間や駐車場情報も

いよいよ夏本番が近付いてきましたね。 全国各地の海やプールが盛り上が

akachan_asemo
赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 赤ちゃんの肌トラブルの

medicine_nurigusuri1
汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」 汗を

045636
鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞

toukyouwan
東京湾花火大会2014!花火が綺麗に見えるレストランや屋形船を予約

夜空を彩る夏の風物詩といえば・・・花火! 美しい花火を眺めながらゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/users/0/lomo.jp-ryon/web/wp-content/themes/stinger3ver20131217/sns02.php on line 2