汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

simiusu-b1

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」

汗をかく季節になると出てくる肌トラブルといえば「あせも」ですね!

最初は小さかったあせも(汗疹)も放置してるうちにどんどん広がり、悪化してしまうことがあります。

シャワーをこまめにしているのに中々治らないという場合は、お薬に頼ってみるのもいいかもしれません。

その場合、どのような薬がいいのでしょうか?大人と子供の場合では、治し方に違いはあるのでしょうか?など、あせもを治すための正しい知識をここではみていきたいと思います。

medicine_nurigusuri1

そもそも、汗疹(あせも)の原因って?

あなたはなぜ汗疹(あせも)正しい対処法を知るに、まずはあせもはなぜ出来てしまうかの原因をみていきましょう。

汗疹ができるのは、本来なら汗腺から汗として流れ出るものですが、それが間に合わず、皮膚内にたまってしまう訳です。

たまった汗は、皮膚の下にある汗管(かんかん)という管状の腺からその周りの組織に漏れ出します。

すると皮膚が炎症をおこしてかゆくなったり、赤くてかゆいブツブツができたり、または水ぶくれが出来たりとトラブルになってしまいます。

また、ベルト帽子皮膚がふさがれてしまってあせも(汗疹)が出来るとこもあります。

それ以外にもギプス、絆創膏、湿布、包帯など・・・汗がつまりやすい状況が続くとあせも(汗疹)ができやすいです。

また、子どもは代謝が良くて大人の3倍汗をかくので、夏以外でもあせも(汗疹)ができることがあります。

あせも(汗疹)ができやすい場所頭、額、首、ヒジの内側、脚の付け根、ヒザの裏側・・・といった、汗が乾きにくい部分。

なるべく通気性のよい服を着用し、こまめに汗をふくようにすることで、あせも(汗疹)ができるのを防ぐことができます。

あせも(汗疹)に効く薬は?

症状の軽いあせも(汗疹)の場合は、あせも専用の市販薬を利用するといいと思います。

子どもの場合は「ムヒベビー」などのベビー用の刺激が少なく、子どもにも安心してつかえるタイプがお勧めです。

大人用の場合は、種類が豊富になるので使用感などを参考にすると良いと思います。

あせもの市販薬次のようなタイプがあります。

ベビー用:子どもにも安心して使える肌に優しいタイプ
液体タイプ:スプレーやロールオンなど、手軽に使えてサッと塗れるタイプ
パウダータイプ:サラッとしてベト付きがないので使用感が心地いい。
軟膏タイプ:水や汗に強く、肌に密着する。刺激が少ないものが多い。
クリームタイプ:保湿効果もあり、軟膏タイプに比べてベト付きが少ない。
ステロイド配合タイプ:効果が高いが、使用するにあたり注意も必要。

ステロイド配合の薬ってどうなの?

あせも(汗疹)に有効な薬は色々ありますが、早く治したい場合はステロイド系のお薬は有効です。

ただし、その場合は、年齢や患部の場所によってステロイド薬の配合レベルが変わってきますし、使用する期間もあるので、必ず薬剤師に相談してから使用するようにしましょう。

ステロイド剤の使用法に不安がある場合は、病院で処方してもらうのが良いと思います。

ワセリン(Vaseline)ってどうなの?

また、薬剤ではないワセリンも実は軽度のあせも(汗疹)を含めた皮膚疾患に良い場合があります。

ワセリンは高純度で精製された天然オイル高い保湿効果があります。

ワセリンを薄く塗ってあげることでトラブルを起こしている部分を保護する働きがあります。

また、不思議とかゆみもすこし治まるので、薬を使いたくない方や赤ちゃんには良いと思います。

※ただし注意して欲しいのは、汗疹(あせも)でないところに塗ると、逆に汗の排出を妨げてしまって蒸れてしまうことがあるので気をつけましょう。

子供と大人の治し方は違う?

大人の場合

あせも(汗疹)はなるべく早く治すことが大切です。まずは、こまめにシャワーをして清潔に!

そして、皮膚が弱くなければ、ステロイド剤酸化亜鉛などの有効成分の入った薬を使って早く治すのが良いと思います。

市販薬で治らない場合は、ほかの病気も考えられるので、医師の診察を受けるようにしましょう。

子どもの場合

子どもの場合は、お肌がデリケートなので使えるお薬も限られてきますし、引っ掻いてしまいとびひになると長引きやすいので、早めに治療を始めましょう。

ステロイドの副作用が心配な場合は、「ムヒベビー」などのベビー用のお薬ワセリンなどの保湿剤を使う方法もあります。

また、ママ達の間で口コミで人気がある治療法が、ももの葉を煎じたものでお風呂を浴びせるという方法です。

ももの葉ローションという市販のあせも用ローションも販売されています。

まずは薬局で薬剤師さんと相談して子どもにも安心して使えるお薬を選びましょう。

それでもなかなか治らない場合は、一度、医師に診てもらうことをお勧めします。

また、昔からの方法であせもにベビーパウダーを使う方がいますが、汗をかいたままでベビーパウダーを使うと、逆に発汗を妨げることもあるそうなので気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

あせもって、本当につらいですよね。

一回なってしまうと、起きているときはまだ我慢出来ても、寝汗で知らないうちに掻きむしってしまって、「また悪化してしまう」なんてことも…。

そんなことにならないためにも、寝るときは手袋をしたり、ベビーパウダーを塗るなどして対策をすることをおすすめします!

大人の場合も子供の場合も、患部を清潔にしておくことが最も大切なので、汗をこまめに洗い流したり、拭き取ったりして清潔な状態を保ちましょうね。

 

simiusu-b1

公開日: : 最終更新日:2016/04/04 健康

関連記事

illust3454

冷房病(クーラー病)で頭痛の症状がある時の対策と治療法

暑~い夏、部屋にいても窓から日差しがじりじり・・・。 扇風機をつけても蒸し暑い時って、よくあります

記事を読む

017813

寒暖差アレルギーで鼻水や喉の違和感、喘息の様な咳の症状に効く薬

“寒暖差アレルギー”この言葉を知っている方はどれ位いらっしゃるでしょうか? 案外、身近に潜んで

記事を読む

ミネラルウォーターを飲む女の子

水分過多で吐き気やめまい、頭痛の症状がある時に漢方がいい?

街中では、ペットボトルやマイボトルを持ち歩き、 ミネラルウォーターを飲み歩く人をよく見かけるように

記事を読む

sun

日射病と熱中症の症状の違いは?頭痛と汗が大量の時の処置や治療と対策

暑い夏、日焼けや汗が気になる方は多いと思います。 UVケアや臭い対策などをされている方も多くい

記事を読む

kayumi02

腕の内側がかゆみと腫れでブツブツ赤みがある原因はダニ?

ある日から突然、腕の内側に痒くて赤みのあるブツブツ(腫れ)が・・・一体これは何が原因なの?皮膚のやわ

記事を読む

hukurahagi

足痩せ方法!短期間で太ももやふくらはぎのセルライトを撃退!

いよいよ春到来ですね!おしゃれがますます楽しくなってくるこの季節。 しかしここで一つ、女性にと

記事を読む

常に眠い

常に眠い常にだるいは病気のサイン?病院に行くなら精神科へ!

あなたは最近、「常に眠気があったり、ダルさがあったりで、どうしたらいいのかわからない」と悩んでいませ

記事を読む

natubateyobouyasai

夏バテ防止の食材はトマトやオクラなどの野菜が効果絶大

いよいよやってくる暑い季節、夏。日焼けや発汗をはじめ、 色々と対策が必要になるこの季節。 食

記事を読む

wallpape-flower-11

手足にかゆい赤いぶつぶつ(湿疹)が出る原因は乾燥ではない!

突然、手足に痒みをともなった赤いぶつぶつ(湿疹)が出た経験がありませんか?私も手の湿疹を放置していた

記事を読む

kawamukeru

手足の指の皮がむける、めくれる原因と病気!むく癖を治す方法

あなたはなぜか「手足の指の皮がむける・めくれる」 といった症状に悩まされてはいませんか? も

記事を読む

water-texture11
東武動物公園プールの混雑と料金割引券の入手法!営業時間や駐車場情報も

いよいよ夏本番が近付いてきましたね。 全国各地の海やプールが盛り上が

akachan_asemo
赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 赤ちゃんの肌トラブルの

medicine_nurigusuri1
汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」 汗を

045636
鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞

toukyouwan
東京湾花火大会2014!花火が綺麗に見えるレストランや屋形船を予約

夜空を彩る夏の風物詩といえば・・・花火! 美しい花火を眺めながらゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/users/0/lomo.jp-ryon/web/wp-content/themes/stinger3ver20131217/sns02.php on line 2