蛍(ホタル)を見るには時期や時間の鑑賞条件がある!

桜が散り、梅雨の時期が近づくころに見られるもの、といえば・・・?

闇の中をふわふわと飛んでいる姿がとても美しい「虫」といえば、
わかりやすいでしょうか。柔らかい光がとても幻想的な虫・・・

そうです、「ホタル」です!

近年では山や川などが都市開発などにより減ってきているため、
間近で見られることは珍しくなってしまったホタル

しかしあの美しい光を放ちながら空を舞う姿は、ぜひとも自分の目で見たいものです。

ではどうすれば見られるのでしょうか?

場所や時期、時間が合えば、ゆったりとした雰囲気の中でステキな光景を楽しむことができますよ!
hotaru

蛍を見られる時期の鑑賞条件

ホタルが見られる時期は桜と同様に、
地域によって大きく異なります。

南の方から徐々に見られるようになり、
早いところでは5月上旬からお目見えになるところも!

より詳しくあげていくと、

平年では一番早い
九州・沖縄地方で4月下旬~5月中旬頃

中国・四国地方で5月上旬~下旬頃

近畿・中部・関東地方で5月下旬~6月中旬

東北・北海道は7月上旬~より北に近づくにつれて8月以降
に見られる地域もあるようです。

ホタルの現れる時期は「冬の終わり頃の気温」と
春の始め頃の気温」によって大きく左右されるそうです。

冬はホタルの幼虫が栄養をため込み、
春のふ化に向けてエネルギーを作っていく時期。

春はそのエネルギーを使って成虫になる時期なのですが、
冬の寒さが続くか、春の陽気が早まるか・・・など、

細かな条件によって出てくる時期も大きく異なるというわけなのです。

また、昨年の台風や大雨による河川の氾濫・増水によって、
出現する量も大きく変わってしまうのだとか。

あふれた水によってホタルの幼虫や卵が流れてしまうと、
その次の年のホタルの出現量は非常に少なくなってしまいます。

自然の摂理である以上、仕方がないこともあるかもしれませんが、
あまりに見られなくなってしまうのは寂しいですね。

せっかく遠出して見に来たのに全然飛んでいなかった!

なんてことにならないように、今年の状況だけでなく、
昨年の夏の天気などをあらかじめ調べておくといいかもしれませんね。

より詳しい条件としては、「20℃以上」「くもりで、風がない時の夜」、
ホタルが多く見られるそうです。

逆に言えば、冷たい風や雨の降っている時には少ない・・・ということですね。

時間の鑑賞条件

さて、次は時間によるホタルの鑑賞条件について、
じっくりとみていきましょう。

闇夜の中を光を放ちながら飛ぶのがホタルですよね。
つまり朝・昼・晩のどれか、といえば当然「夜」になります。

ただし、「」といえども、その時間に鑑賞条件があります。

ホタルが徐々に姿を現し、飛び始めるのが19時30分頃から、やがて飛ぶ量が増え、
ピークを迎えるのが20時~20時30分頃

再び落ち着き始め、飛ぶ量が減ってくるのが21時すぎ~、となります。

これ以降の時間帯としては、
第2のピークが23時頃第3のピークが深夜1時~2時頃
となってはいるのですが、

近隣にお住まいの方々のご迷惑にならないように、
できるだけ19時30分~21時すぎまでの鑑賞をおすすめします。

また、鑑賞中はお静かに。テンションがあがるのはよくわかりますが、
騒がしくしてしまうと周囲に大変迷惑になってしまいます。

ゆったりとした気分で鑑賞しましょう!

近隣の方々への配慮はもちろんですが、ホタルも大事にしてあげてくださいね。

強い光を出さない
ホタルを捕まえない
ゴミは持ち帰る」という3点は、

どの地域において蛍(ホタル)鑑賞する場合でも

必ず守って欲しいマナーだと思います。

というのも、ホタルは強い光が苦手なので
懐中電灯、カメラのフラッシュ撮影、車のライトなども極力控えてほしいのです。

捕まえるのもNG、というのは、この時期はホタルの大事な「相手探し」の時間だから。

せっかく相手を見つけようと光を放って頑張っているのに、
まぶしい光で邪魔をされ、捕まえられ・・・なんて考えたら、

ホタルにとっては大変な話です。

ゴミに関しては、自然環境を守る上で当然のことですね!
マナーを守って、楽しく美しく鑑賞したいものですね。

さいごに

桜の季節が終わり、いよいよ夏への準備が始まるころに訪れるホタル。

仕事も学校も忙しくて憂鬱・・・なんて時に自然に触れてみると、
意外な発見や落ち着いた雰囲気を体感できて、

心も身体もリフレッシュできますよ。

桜と同様に、日本各地に「ホタルの名所」が多く存在します。

もしかしたら近所に意外な名所があるかも?
身近な場所でホタルを探してみるのも面白いかもしれませんね!

鑑賞前に蛍(ホタル)が光る理由や仕組みについて知っておくと

より蛍鑑賞を楽しめると思いますよ!!

lp-b1

公開日: : 最終更新日:2014/04/07 生活

関連記事

kuraya-narusawa03

八十八夜の別れ霜とお茶摘みの意味は童謡と関係が!

皆さんは、「八十八夜の別れ霜」という言葉をご存知でしょうか? 最近では、あまり聞かれなくなった

記事を読む

simoyake

冬場の夜に足の指先がかゆい、しもやけの原因と治し方

毎年、冬と同時にやってくるあの痒み! そう、しもやけの季節です。 色んなところがかゆくなり、

記事を読む

mushi_sasare

蚊の種類によってかゆみや症状が異なる?対策のスプレーやグッツ紹介

夏になるとイヤや羽音とともにやってくるあのかゆみ! ものすごくかゆいときもあれば、 ほんの少

記事を読む

syako_garage

自動車税の滞納の延滞金と差し押さえまでの期間はいつまで?

みなさんの中には、普段の通勤やお買い物の時にマイカーで移動する という方がいらっしゃるのではないで

記事を読む

HEARARENZI

卒業式の髪型!編み込みでハーフアップやサイドアップするやり方!

卒業式の季節になりました。 卒業式のパーティーなどのイベントも多っくなってきますね♪ そんな

記事を読む

SONY DSC

蚊柱が立つ原因は頭虫(ユスリカ)!対策や駆除には殺虫剤は効く?

春が始まり、そろそろ夏を迎えようとする頃によく見られる、蚊柱。 この蚊柱は、この季節の夕方、川

記事を読む

雨の日の洗濯物

雨の日に洗濯物を放置して雨に濡れた場合の乾かし方

雨が多い梅雨の季節、洗濯物を干したまま出かけたら、 「突然の雨に降られて濡れてしまった!」

記事を読む

illust1349

修学旅行の感想文の例文!北海道と沖縄の書き出しまで

修学旅行となると、初めての集団行動での旅行になるかと思います。 友達と旅行に行ける!!というこ

記事を読む

tyatate

湿気虫とは?畳に幼虫が沢山いるときの対策と退治・駆除方法

ある日、家の畳や引き出し、部屋の角にゴワゴワした大量の虫が蠢いているのを発見…。 それは、湿気

記事を読む

045636

鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞くと気分は夏へとシフトチェンジ

記事を読む

water-texture11
東武動物公園プールの混雑と料金割引券の入手法!営業時間や駐車場情報も

いよいよ夏本番が近付いてきましたね。 全国各地の海やプールが盛り上が

akachan_asemo
赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 赤ちゃんの肌トラブルの

medicine_nurigusuri1
汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」 汗を

045636
鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞

toukyouwan
東京湾花火大会2014!花火が綺麗に見えるレストランや屋形船を予約

夜空を彩る夏の風物詩といえば・・・花火! 美しい花火を眺めながらゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/users/0/lomo.jp-ryon/web/wp-content/themes/stinger3ver20131217/sns02.php on line 2