桜餅は関東と関西の作り方が違う!葉っぱは食べられるの?

見た目も可愛くて、香り高く甘くて美味しい桜餅。
桜餅って、実は2種類あるのをご存じでしたか?

その違いは、関東と関西によって違うので互いの出身者は、
生まれ育った場所の桜餅と違う桜餅を見ると「何これ!?」とビックリするでしょう。

あなたのよく知る桜餅はどんな桜餅ですか?関東風?関西風??
葉っぱは取って食べるの!?

桜餅といっても、いろいろな作り方や疑問もあり、知ってみると得する楽しい食べ物です。
それでは、桜餅について、いろいろと調べていきましょう。
sakuramochi

関東と関西の桜餅

関東と関西の桜餅の作り方の違いは、いったい何なのでしょうか!?作り方を
見ていきましょう。

関東風桜餅

見た目

桜の葉に、お餅・・・。というよりは、薄いホットケーキのような生地で、餡を包んでいます。
色は、ピンク色に着色されていて、とても可愛らしい春の色といった感じです。

作り方

食紅で色をつけた、タネ(小麦粉・白玉粉・砂糖を水で混ぜた物)をフライパンなどで薄く焼き
餡子をそっと包み、塩漬けにした桜の葉を巻き出来上がりです。

関西風桜餅

見た目

おはぎのような、もち米のツブツブとした餅生地の中に、餡が包み込まれています。

こちらも、ピンクで春の桜を連想させる色になっていて、
コロッとしたお餅に桜の葉を巻いています。

作り方

タネは、道明寺粉というものに砂糖、塩を混ぜて食紅で色を付けます。
蒸したタネに餡をしっかりと包み、塩漬けにした桜の葉を巻いて出来上がりです。

餅というのに、フライパンなどで焼く“関東風桜餅”も不思議ですが、
道明寺粉!?という粉を使った“関西風桜餅”も気になりますね!!

関東と関西でなぜ違いがあるのか・・・?

それでは、なぜこんなに違いがあるのでしょうか?とても気になりませんか??
その違いは、関東と関西の桜餅の“別名”にも秘密があるのです。

関東桜餅 別名 長命寺餅(ちょうめいじ)

なぜお寺の名前!?また不思議になってしまいますが、

その昔、長命寺で門番をしていた山本真六さんという方が、

散り積もる桜の葉を見て「もったいねぇ~」と葉を塩漬けにして、
餅(主に小麦粉を使った生地)に餡を包んで売ったというのが始まり。

この門番さん。現代人が見習わなきゃいけない部分がありますね。

関西桜餅 別名 道明寺餅(どうみょうじ)

こちらも、寺の名前が出てきましたね。
昔、この道明寺では神前にお供えしていたもち米を使って保存食を作っていました。

これを糒(ほしいい)といいますが、
これがまた、戦場に向かう武士などに大変重宝されたらしく、とても有名になりました。

そして、それが道明寺粉(道明寺で作られた為)というものになり、
現在ではお菓子に利用され、こういった名前になったようです。

主に、小麦粉を使った関東、長明寺の真六さん。
かたや、もち米を主にして作った粉を使い桜餅を作った関西。

どちらも、お寺が関係していたのですね。

桜の葉はどうする??

桜餅の桜の葉、皆さんは、“はがす派”?
それも、“食べる派”ですか?

好みによってバラバラだと思いますが、多数意見は食べる派なのです。

その理由としては、
「桜餅の桜の葉を取ったら、ただの餅。」・「下品。」などといった意見があります。

そして、少数派の意見としては「食べるものじゃない。」「苦手。」と言う人が多いのです。

桜の葉を捨ててしまうのは、「もったいねぇ~」と思って、
桜餅を考案した長命寺の真六さんに悪い気もしますが・・・。

好みですから、美味しく食べれるのなら個人の自由ではないでしょうか。

最後に

春の風物詩である桜餅。

あなたは、サッパリ派の関東風?もしくは、もっちり派の関西風?

普段食べ慣れていない、
地域の桜餅を作って食べてみたりするのもいいかもしれません。

そして、季節物の桜餅を食べて、春の豊かな恵みを感じましょう。

公開日: : 生活

関連記事

梅雨の湿気が多い部屋がカビ臭いときの対策は炭と新聞紙

今年に入って、早くも4月に入りました。 桜の花が咲き終わって、新緑が芽吹いている地域もある事で

記事を読む

しみ、そばかす対策にはビタミン豊富な食べ物と化粧水

年々増えていくシミや生まれつき持つソバカスへの悩みは、尽きないですよね。 シミやソバカスの原因

記事を読む

雨の日に洗濯物を放置して雨に濡れた場合の乾かし方

雨が多い梅雨の季節、洗濯物を干したまま出かけたら、 「突然の雨に降られて濡れてしまった!」

記事を読む

日焼けで顔の皮むけて、痛みとかゆみがある時のケアや対処法!

夏が近づいて来ましたね! 夏といえば、マリンスポーツや海水浴、 夏の青空の下でハイキングなん

記事を読む

湿気虫とは?畳に幼虫が沢山いるときの対策と退治・駆除方法

ある日、家の畳や引き出し、部屋の角にゴワゴワした大量の虫が蠢いているのを発見…。 それは、湿気

記事を読む

修学旅行の感想文の例文!北海道と沖縄の書き出しまで

修学旅行となると、初めての集団行動での旅行になるかと思います。 友達と旅行に行ける!!というこ

記事を読む

天皇誕生日、みどりの日、昭和の日とは何が違うの?それぞれの由来を紹介

気づくと、あれよあれよと、暦の上での祝日が、増えたり、 名前が変わったりしますよね。 その中

記事を読む

洗濯物の生乾きや汗臭い匂いを取るには熱湯と重曹つけおきやスプレーが効果的

ちゃんと洗ったはずの洗濯物を着て出かけたら 汗で服が湿ってきた途端に臭ってきてビックリした、

記事を読む

勉強や仕事のやる気が出ないとき、常に眠いときの対処法と原因!

春も近づき、そろそろ陽気な暖かい季節になろうとしています。 新生活も始まろうとしているのに、な

記事を読む

八十八夜の別れ霜とお茶摘みの意味は童謡と関係が!

皆さんは、「八十八夜の別れ霜」という言葉をご存知でしょうか? 最近では、あまり聞かれなくなった

記事を読む

東武動物公園プールの混雑と料金割引券の入手法!営業時間や駐車場情報も

いよいよ夏本番が近付いてきましたね。 全国各地の海やプールが盛り上が

赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 赤ちゃんの肌トラブルの

汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」 汗を

鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞

東京湾花火大会2014!花火が綺麗に見えるレストランや屋形船を予約

夜空を彩る夏の風物詩といえば・・・花火! 美しい花火を眺めながらゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/users/0/lomo.jp-ryon/web/wp-content/themes/stinger3ver20131217/sns02.php on line 2