顔のしみやそばかすの原因と対策

simiusu-b1

顔にできてしまった、シミやそばかす。あると悩んでしまいますよね・・・。

それが、他人にはわからない程度の物だったとしても、
本人にとってそれはとても、大きな悩みになります。

目立つものだとしたら、なおさらです。

シミやそばかすはいったい何が原因でなるのでしょうか?
それでは、その原因や対策を紹介していきます。

顔のしみやそばかす

シミの原因

シミの原因は色々あります。
まずは、シミのタイプからご紹介していき、そのタイプ別に、原因をご紹介していきます。

日光黒子(にっこうこくし)

中年以降に増えるシミです。老人性色素班ともいわれているタイプ

顔の他にも、手や背中などの露出する場所に多く見られます。

主な原因は、紫外線です!

紫外線があたる事により、メラニンの色素が沈着してしまいできます。
その為、露出が多い場所に多く見られるのです。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

肌の炎症が、治った後にできるシミです。炎症の度合いによって、大きなシミになる場合があります。
年齢、性別、できる場所には関係はありません。時間とともに、薄くなっていくのも特徴です。

主な原因は、ニキビ火傷、化粧品かぶれなどで肌が炎症をおこしてしまい、その跡となってできるのです。
レーザー治療などで悪化する場合もあるので注意が必要です。

肝班(かんぱん)

肝班は、特に女性の方にできる顔シミです。

特徴としては、ほほ骨にそって、左右対称にできるのが特徴です!(ほほ骨に沿って目の下のあたり)
高齢者の方には、あまり見られないシミのタイプになります。

原因は、ホルモンバランスと言われいて、妊娠やピルの服用によってシミが発生したり、悪化するようです。
紫外線にあたると悪化するとも言われています。

そばかすの原因

そばかすは、雀卵班(じゃくらんはん)ともいいます。
幼い頃から悩まされていると言う方も多いことでしょう。

ではその原因は何なのでしょうか?

雀卵班(じゃくらんはん)

そばかすの場合、数ミリ程度の小さなシミが、主に頬や、
鼻の周りに集中して多く出ます。

そばかすが出てくる時期は、3歳ごろからで、思春期には特に目立ってきます。
ですが、年齢とともに薄くなっていくのも特徴です。

主な原因は、遺伝です。
小さい頃からあったり、家族にも同じシミがあるようでしたらそばかすと言ってもいでしょう。

やって損なし!シミ対策!!

これからの季節、シミの原因である紫外線が強くなってきます。
シミを作らないため、シミを悪化させないためにできることは何でしょうか?

1・化粧をする前に、日焼け止めを塗りましょう。

最近では、化粧用下地に紫外線をブロックする成分が入った商品がありますね。
それを選んでつける様にするのも、対策の一つです。

2・日傘を差してダブルブロック!

日焼け止めを塗っただけで安心していませんか?

最近の日焼け止めの紫外線ブロック率は高くなってきましたが、まだ安心はできません、日傘を差す。
カーデガンを羽織るなどのダブル、トリプル対策を行っていきましょう。

3・メラニンに負けない食生活や睡眠をとる。

メラニン色素は、新陳代謝を活発にすることで、正常に排出することができます。

その為には、食生活では、ミネラルやビタミンを豊富に含んだ食品を多くとることです。

また、睡眠も肌の新陳代謝には、とても重要です。
よく「美容睡眠」と言われますが、午後10時~午前2時は、眠る時間!と決めてたっぷりと睡眠をとりましょう。

悪化させない!そばかす対策方法!!

そばかすを悪化させないように、やっておきたい対策を紹介していきます。

1・紫外線対策。

普通のシミ同様、紫外線には気をつけてくださいね!
日焼け止めや、日傘、帽子などをかぶったりして、顔の紫外線対策を行いましょう。

2・スキンケアー(保湿)をしっかり行う!

年齢とともに、薄くなるそばかすですが、そうでない人もいます。
それは、正しいスキンケアーを行っていない人に見られます。

しっかりと、肌の保湿を行って、そばかすを悪化させないお肌作りをしましょう。

3・ホルモンのバランスを整える。

ホルモンのバランスを整えるために、規則正しい生活を心がけましょう。

食事や睡眠、ストレスもよくないので、軽い運動などもいいでしょう。
女性は、特に月経などでホルモンのバランスが崩れがちです。気をつけて、規則正しい生活をおくってください。

最後に

最近では、レーザー治療などもあり簡単に治療できる時代になりました。

ですが、レーザーで焼いて治療するのは少し怖いですし・・・、
それ以外でも、心がけ次第でシミそばかすはよくなります。

まずは、原因をよく知り、対策をする事が大切です!

自分を労わる=お肌を労わる事。
ストレスを溜めず、体に優しい生活を送ってみてください。
後は、正しいスキンケアー。

それを行っていけば、シミやそばかすに悩まされない日々を送れることでしょう。

simiusu-b1

公開日: : 生活

関連記事

mark_footprint2

水虫の症状にかゆみと臭いがある時おすすめの市販の治療薬と塗り方

蒸し暑い季節が近づいていますね。 日焼けや汗などいろんなところが気になる季節ではありますが・・

記事を読む

髪の毛

湿気で髪の毛が広がらない巻き髪セット法とヘアアレンジ対策

雨の日のスタイリングは悩みの種ですよね。 とくに巻き髪は湿気で崩れやすいので、朝張り切ってセッ

記事を読む

SONY DSC

蚊柱が立つ原因は頭虫(ユスリカ)!対策や駆除には殺虫剤は効く?

春が始まり、そろそろ夏を迎えようとする頃によく見られる、蚊柱。 この蚊柱は、この季節の夕方、川

記事を読む

HEARARENZI

卒業式の髪型!編み込みでハーフアップやサイドアップするやり方!

卒業式の季節になりました。 卒業式のパーティーなどのイベントも多っくなってきますね♪ そんな

記事を読む

sick_juketsu

紫外線で目が痛くて頭痛がある時の対処法に効果のあるおすすめ目薬

みなさんは「紫外線」に対して、どんなイメージを持っていますか? 「日焼け」「殺菌効果」など思い浮か

記事を読む

yusurika

夏の夕方、頭の上に集まる虫の原因と対策!

暑い夏のある日、道ばたを歩いている時のこと。 気が付くと、頭の上を小さな集団がモゾモゾ・・・と

記事を読む

kousa

黄砂で咳喘息や頭痛が増加中の原因は?対策にはマスクやメガネ!

これからの時期、ニュースなどの予報で取り上げられる“黄砂”。 この黄砂の飛来が一番多いのが、2

記事を読む

洗濯物

雨の日に洗濯物を早く乾かすためにエアコンや扇風機での乾かし方法

雨の日の洗濯物の乾きの悪さに、頭を悩ませる人は多いと思います。 室内に干すと時間がかかる上に、とき

記事を読む

hotaru

蛍(ホタル)の光る理由と原理や仕組み!オスとメスは光り方が違う?

初夏の夜空を美しく彩るものといえば、みなさんは何を思い浮かべますか? お星さまはもちろんのこと

記事を読む

sinnyusyain-situ

新社会人のスーツ、おすすめのブランドや色と値段の相場をご紹介!

春になり桜が咲き始める頃、街には、爽やかな新社会人の笑顔で街が染まります。 そんな新社会人の皆さん

記事を読む

water-texture11
東武動物公園プールの混雑と料金割引券の入手法!営業時間や駐車場情報も

いよいよ夏本番が近付いてきましたね。 全国各地の海やプールが盛り上が

akachan_asemo
赤ちゃんの首の後ろや頭皮に汗疹や水泡出る原因と薬やケア法

梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 赤ちゃんの肌トラブルの

medicine_nurigusuri1
汗疹(あせも)に効く薬はステロイドやワセリン?子供と大人の治し方

「首や手足の関節にできた赤いブツブツが痒くてたまらない…」 汗を

045636
鳴き声でわかる日本の蝉(セミ)の種類と鳴き出す時期

いよいよ夏の到来を告げるセミの季節がやってきました! あの鳴き声を聞

toukyouwan
東京湾花火大会2014!花火が綺麗に見えるレストランや屋形船を予約

夜空を彩る夏の風物詩といえば・・・花火! 美しい花火を眺めながらゆっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Parse error: syntax error, unexpected '}' in /home/users/0/lomo.jp-ryon/web/wp-content/themes/stinger3ver20131217/sns02.php on line 2